緊急事態宣言についてのお知らせ(COVID-19)

 緊急事態宣言 が解除されました

 

新型コロナウィルス感染症による感染拡大防止に伴う緊急事態宣言が全国規模で発令されていましたが、国内の感染者数が減少傾向にあり特定警戒都道府県の一部を除く39の県で緊急事態宣言が解除されました。

 

その後5月25日をもって全国47都道府県の緊急事態宣言が解除されました。

 

解除されましたが、『3つの密』の回避やソーシャルディスタンス『人と人の距離の確保』、『マスクの着用』、『手洗いなどの手指衛生』などの基本的な感染対策の継続など感染拡大を予防するようお願い申し上げます。

緊急事態宣言が解除されたあとは一定の期間を設け、外出の自粛や施設の使用制限の要請等を緩和しつつ、段階的に社会経済の活動レベルを引き上げていくことになるでしょう。

7月12日現在において東京都を中心に新型コロナウィルスの新規感染者数が増加しています。

経済活動を活発化させるにおいて感染リスクは十分にあると思いますが、感染予防を一人ひとりが現在と同様にこれからも心掛けていただき、励行していただく事が今後においてとても重要になると思います。

 

※北九州市においてコロナウィルス感染者数の増加

福岡県北九州市において新型コロナウィルス感染者数が緊急事態宣言解除後の5月23日以降増加傾向にあります。

福岡県は、外出自粛や休業要請を6月1日で解除するとしています。

しかし北九州市では休業要請が延長されます。市内の接客を伴う飲食店と、ライブハウスの2つの業種です。

不要不急の外出は自粛していただき、3密(密閉・密集・密接)を避けていただくようお願いします。

※6月19日に休業要請、外出自粛は解除になりイベント等も段階的に再開していくそうです。